手作りのウェディングパーティーへ参加して

query_builder 2020/11/30
ブログ
結婚相談と婚活

どうもこんにちは(^^♪  大阪梅田を中心に展開する結婚相談所『えんゆう』です。

相変わらずコロナ感染が拡大中・・・第3波なのか4波なのかもうわからなくなってきていますが、

『今さらコロナにかかったんですか??」が率直な感想でして(;・∀・)


今までもありましたけれど、こういうタイミングになって不安になったり、焦ったりと様々ですが、

コンスタントに婚活すれば不安も少なくなるのかと思っています。けれども「“コンスタント”って何?」という方、こういう時でも動ける方法ってありますので、その情報と知識を正しく理解することかなって思います。 コロナ禍での婚活事情はどう?と周りの反応や様子をうかがっている方、結局のところ、『動かないと何も起きません』。

現状、大阪の婚活パーティーや婚活事情は活性してきています。 が、この先は少し規制なのか自粛なのか読めませんけれど、相談所の仲人・カウンセラー目線から、

ちょっとしたお手伝いになれればと ❝婚活あるある❞ いろんな方法や手段、出逢いへのキッカケ作りなど 一般的な意見から実際にヒアリングしたお話を交えて、 皆さんの結婚相談や婚活のヒントになるようなお話をしていければと思います。

コロナの中のウェディング

手作りのウェディング


場所によって、地域によって「人が集まる」ということを嫌う方も嫌う施設もあります。

そういった状況でも、婚活やウェディングといった予めの予約や事前のスケジュール調整が必要なものに関しては、

なかなか【じゃぁ中止】、【規模縮小への変更】というのも難しいものです(*_*)

そんな中、親しい人の伝いに『ウェディングパーティーの司会をお願いできないか?』との打診がわたくし、結婚相談所えんゆう のもとに。

色々とお話を聞いていく中で、本来はもっと前に披露宴を行う予定だったものがコロナで

日程調整(延期)を余儀なくされ、しかもたくさんの方が延期したことによっての圧迫や時短の影響が出たことによる・・・んん??時短??


最初のコロナの際に式場や会場が閉鎖および休業してできなくなった方々が、ここへきてダブついてきたらしい。そのあおりを受けて、各組時短や簡素化の要請を受けてフル回転とのお話も(*_*)

結婚相談や婚活の動きにくさ以外にこういうところにもコロナの影響があるのだなと実感。

そうして、小規模でも両家と親しいお友達や仲間の有志で披露宴といいますか、

ウェディンパーティーの類をしてあげれればと。

結婚相談からウェディング

色んな仲間が祝福する


こうして手作りのウェディングパーティー実施に動き出す。

そもそもが、新郎の勤務先が飲食店で、そのオーナーからの打診ということもあり・・・ある程度の計画は進んでいたところへの司会進行役を仰せつかったわけです。

1週間前には結婚相談所としてのお仕事の傍ら、進行表や内容も毎日のように確認し(>_<)

毎日まぁまぁな緊張です。


ウェルカムボードだって個々のお店の仲間の手書きで作られたもので、店内(会場)の飾りつけも従業員やバイトさんたちが手分けして施してくれていたりと温かみを感じますね。

役割分担というよりは、《できる人が・得意分野で、・できる範囲で・協力して・祝福する》



会場設営や装飾をはじめ、天満にある中華の名店の友人から豪華なオードブルが届き、地元京橋の腹パンランチが有名なお寿司屋さんからは豪華な盛り合わせが届き・・